よく分かる!精力剤の成分解析

アンデスの秘草!インカ帝国の時代にも食された「マカ」


精力剤の成分に使われているものに、「マカ」と呼ばれているアブラナ科の植物があります。


マカは、南米・ペルー、アンデス高地で栽培されてきた植物です。地面の上では、地をはうように葉を広げていますが、掘ってみるとカブのような根がついています。食べるのは、その根の部分。色は紫、黒、薄い黄色...ちょっとカラフルです。


アンデス高地は、海抜4,000メートルを超える赤道直下に近い場所。日中は強い陽の光が降り注ぎますが、夜は気温が0度以下まで下がるという非常に厳しい気候の場所です。


見わたしても砂と石しかない荒涼とした大地。、草木も生えてない不毛の砂漠地帯。ここに種をまき、マカの畑をつります。


日本人がマカ畑を見に行こうとすると、酸素ボンベが必要なくらい過酷な環境。そんなところで育った植物がマカ。なんか、ものすごい生命力をを秘めていそうですね。



実はそのとおりで、マカは、非常に栄養価が高いという特徴があります。


・体内で合成できないアミノ酸、
・各種ビタミン、
・カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル、
・リノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸などの脂質


が含まれています。


マカをとることで、血液の流れが良くなり、代謝が上がるという効果もあります。ペニスへの血の巡りが良くなりED改善を期待できるというわけです。


参考・・・4大天然成分で男の活力をサポートする「黒マカDX」


マカ豆知識


アンデス高地といえば、古代文明マチュピチュ遺跡、インカ帝国を思い出す人も多いと思いますが、マカは、インカ帝国の時代から食べられていたんです。ただ、幻の秘草と呼ばれる非常に貴重なもので、口にするのがゆるされたのは、特権階級のみでした。


現在のマカは、「アンデス人参」とも呼ばれ、現地の八百屋さんで、生のマカを買うことができます。ゆでたり、シチューに入れたり、アンデス地方なじみの食材です。マカが原料とする食品たくさん出ています。マカ入りクッキー、マカのチョコ、マカコーヒー、マカのお酒...どれも試してみたいですね。




関連ページ

4大天然成分で男の活力をサポートする「黒マカDX」
アルギニン含有量がマカの2倍!精力サプリメント「クラチャイダムゴールド」
マカの約2倍!精力剤・精力サプリメントの「クラチャイダム」
ほとんどの精力剤に含まれている「アルギニン」その効果は?
性ホルモンの生成に関与?性のミネラル?!「亜鉛(Zinc)」







人気の増大系精力剤

 

人気のED・滋養強壮系精力剤

 

人気のマカ・クラチャイダムサプリ

 

よく分かる!精力剤・精力サプリメント

 

よく分かる!精力剤の成分解析

 

ED勃起障害ムクムク解説

 

ガチンコ勝負!「精力剤」vs「×××」

 

精力剤関連こぼれ話

 

一眼レフを極める