ED勃起障害ムクムク解説

ED治療薬が服用できない場合、他に方法はない?

ED治療薬は、どんな方でも服用できるものではありません。硝酸剤(ニトログリセリン)、抗不整脈薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬などを使っている場合、ED治療薬を服用することができないことがあります。


こういった場合、あきらめるしかないんでしょうか。実は、まだ方法が残されています。どんな方法なのかちょっとみてみましょう。


陰圧式勃起補助具


男性器全体をシリンダーに入れ、減圧することで勃起させるというもの。(膨らますといったかんじ?)その後は、勃起を維持するためにペニスの根本にリングを装着します。


・・・。ってか、これって大人のおもちゃなんじゃない?


こら! ちゃんとした医療機器よ!


こんなものがあるんですね。知らない人だと、なんか怪しげなグッズのような感じもしますが、ちゃんと厚生労働省から認可を受けている管理医療機器です。


ある商品のレビューをみてみると70歳代の人も使用していました。


陰茎海綿体注射(ICI注射)


海綿体に注射をして、強制的に勃起させるというものです。注射する薬剤は、プロスタグランジンや塩酸パパベリンなど。これらには血管を拡張させる効果があり、血液が海綿体に流れ込みます。


この注射の特徴は、性的刺激がなくても勃起をするということ。5分、10分するともう効果が現れてきます。そしてその後、3、4時間勃起をしたままです。


お医者さんに注射をしてもらったら、すぐベットインしなければいけないというのが、ネックでしょうか。ただそれも、最初のみで、後は、自分で注射ができるようです。


注射をしたらすぐ勃起。分かりやすくていいですね。


陰茎プロステーシス


人口陰茎(プロステーシス)というものを埋め込む方法です。手術です。


これは、後戻りできない最終手段。自力で勃起することはできなくなります。ED治療薬でも陰圧式勃起補助具でも陰茎海綿体注射でもダメだった場合に選択する手段です。


こうゆう方法が、希望が残されているというのはありがたいですが、費用が高い。100万円近くかかります。


人間の人生において、性交は重要な要素の1つ。いろいろ研究されてきたんですね。




関連ページ

糖尿病・高血圧・生活習慣病が原因のEDもある!ED治療薬との併用は?
薬を服用しているとEDになることがある?どんな薬剤?
病院のED(勃起障害)治療の治療費・費用は?健康保険は?
女性版EDがある?!FSD(女性性機能障害)とは?
ED(勃起障害)かどうか自分で判定ができる?!IIEF-5








人気の増大系精力剤

 

人気のED・滋養強壮系精力剤

 

人気のマカ・クラチャイダムサプリ

 

よく分かる!精力剤・精力サプリメント

 

よく分かる!精力剤の成分解析

 

ED勃起障害ムクムク解説

 

ガチンコ勝負!「精力剤」vs「×××」

 

精力剤関連こぼれ話

 

一眼レフを極める