ガチンコ勝負!「精力剤」vs「×××」

「精力剤」vs精がつく食べ物といったらこれ「うなぎ」


「精がつく食べ物といえば?」と聞かれた時、真っ先に思いつくのが「うなぎ」だという方も多いでしょう。



なぜ、鰻を食べると精力がアップするといわれているのか? それは、うなぎに含まれているビタミンEのおかげです。


ビタミンEには抗酸化作用があり、血液の活性化酸素を除去してくれます。これにより血流が若返ります。


生殖器の勃起には血行が関係しているので、血流が若返ることで、精力アップにつながる、というわけです。


鰻は、栄養豊富な食材で、ビタミンE以外にも、ビタミンA、ビタミンB、亜鉛なんかが含まれていて、どれも精力をつける効果が期待できます。亜鉛なんかは、精子を生成するための必須のミネラルだったりします。


ひつまぶし・うな重・うな丼。。。どれも好きだけど、1年にそう何度も食べる機会はないよなぁ。


美味しくて食べれて、精力アップ! 一石二鳥ですが、問題は、鰻は値段が高めなので、たいていの方にとっては、ちょっとしたぜいたく。毎日うな重・うな丼なんてわけにはいきません。


精力アップを目的として継続的に摂るのであれば、やはり精力剤の方が安くつくし便利ということになります。


うなぎの豆知識


最後にうなぎの豆知識を1つ。

うなぎの旬の季節がいつだか分かりますか? 土用の丑の日の7月にあるし、夏バテ予防のイメージもあるので、夏だと思っている人も多いでしょうが違うんです。


実は、うなぎの旬は、晩秋から初冬にかけてです。ウナギが、冬眠に備えて体に養分を貯えるからです。秋から春全体で比べても夏のウナギの味は落ちちゃいます。

うなぎは、1年に1回。土用の丑の日だけなんて人がいたら、ほんとに美味しいうなぎを知らないのかもしれないですね。一度冬のうなぎを食べてみましょう。


土用の丑の日の始まり


江戸時代のうなぎ屋さんが、夏場にうなぎがあまり売れなくなることに困って、「平賀源内」に相談した結果、うなぎ屋の入り口に「本日丑の日」という張り紙を貼ったことに起源があります。


「丑の日」に「う」がつく食べ物を食べると夏に強くなるという伝承があったこともあり、この張り紙をしたおかげで、夏でもうなぎが売れるようになったのです。となれば、他のうなぎ屋さんも当然のようにこの手法を真似して、次第に広まっていった、ということです。




関連ページ

「精力剤」vs料亭でフルコースが食べてみたい「すっぽん」
「精力剤」vs100円ショップでも買える!定番「赤マムシドリンク」
「精力剤」vsロッキーが一気飲み、江戸時代から使われていた「生卵」
「精力剤」vsいろいろな「栄養ドリンク」「エナジードリンク」
「精力剤」vs翼をさずけるエナジードリンク「レッドブル」







人気の増大系精力剤

 

人気のED・滋養強壮系精力剤

 

人気のマカ・クラチャイダムサプリ

 

よく分かる!精力剤・精力サプリメント

 

よく分かる!精力剤の成分解析

 

ED勃起障害ムクムク解説

 

ガチンコ勝負!「精力剤」vs「×××」

 

精力剤関連こぼれ話

 

一眼レフを極める